メインコンテンツに移動

高密度相の搬送

細かい材料や粗い材料を輸送する場合
高密度空気搬送は、材料をパイプラインに沿って低速でプラグ形態で押し出すために正圧を使用します

一般的な製品の搬送

高密度空気搬送の適用には、取り扱う材料および粒子の大きさ、形状、嵩密度および化学組成などの重要な特性に関する膨大な知識が必要です。 搬送される一般的な材料は、灰分、石灰岩、粒状石炭、セメント、砂、石膏などです。

オプション
  • 最大450℃の高温バルブ
  • 高密度、中密度および希薄相の組み合わせ
  • バルブの開閉モニタリングをPLCに戻す
  • SCADAとの完全互換PLCシステム
  • 粘着性物質のための火粘着性バルブコーティング
特徴
  • すべての圧力容器には信頼性の高いクライドバーグマンのドームバルブ組み込まれています
  • 3.0〜4.0バールで搬送する高圧システム
  • 圧力容器は工場出荷時にすべての空気圧配管が組み込まれています
  • さまざまな用途に対応する多様な管
利益
  • パイプと部品の摩耗を大幅に削減し、最小限の運転経費(OPEX)
  • 平均耐用年数の延長
  • 低エネルギー消費と高い信頼性
  • 100 tphを超える転送レートで搬送距離を最大3000 mに