メインコンテンツに移動

レーキスートブロワ

Rake Sootblower

レーキスートブロワは、エコノマイザ、フィン付加熱面または回転バスケット型エアヒーターの洗浄、および煙道ガス温度が500℃未満のSCRシステムの洗浄用に設計されています。

レーキスートブロワは、この用途の特定の洗浄要件を満たすために次のような設計を提供しています。

特別に設計された回転しないランスを使用して、噴射媒体を空気予熱器バスケット表面上に最適に向けることによって、洗浄効率を最大にします。 これは、局所的な煙道ガス速度の増加をもたらし、固体粒子を効果的に再飛沫同伴し、表面の圧力損失も低減することができます。

クリーニングの原理
  • ブローイングレーキには高性能ノズルが装備されています。噴射エレメントは煙道ガス流路内に留まります
  • ブローイング工程中に、ブローイングレーキは、軸方向に煙道ガス流路内を移動し続けます
  • 前端部に達すると、移動方向を変更しブローイングレーキは休止位置に戻ります
動程範囲
特徴
  • 調節可能なスロットルディスクを備えた内蔵ストップバルブにより、噴射圧力を快適に調整可能
  • 蒸気圧を噴射速度に最大限変換して高い洗浄効率を実現する高性能ノズル
  • リミットスイッチを使用した動程監視
  • 前進用の内蔵されたギヤモータ
  • 最小限のストレスと高い安定性を実現するダブルラックドライブ設計のRSタイプ
利益
  • ボイラーの可用性の向上とボイラー効率の向上
  • 柔軟なボイラー運転と燃料混合物の変更または燃料品質の変化に関わらず堆積物を点検
  • 過熱器の堆積やエアヒーターおよびエコノマイザの堆積防止
  • 熱効率を最大化し、ガス出口の温度を低下
  • 設計パラメータに可能な限り近づけてボイラー内のバランスのとれた熱伝達を維持
  • スートブロワは信頼性が高く、メンテナンスが容易
  • クライドバーグマン設計は洗浄効果を最適化し、蒸気、水、空気の消費を最小限に抑える