メインコンテンツに移動

回転式エレメントスートブロワ

Rotating Element Sootblower

回転式エレメントスートブロワ DBは、わずかな堆積物や排ガス温度が500℃未満の熱交換器だけでなく、対流面も洗浄するように設計されています。

このタイプのスートブロワの噴射エレメントは通常、ボイラー管に取り付けられたエレメントベアリングによって取り付けられ、常にボイラー内に配置しています。

特別に設計されたノズルは、特定の設備ごとに(必要に応じて)エレメント上に配置されます。 飽和または過熱水蒸気および圧縮空気を噴射媒体として使用することができます。

クリーニングの原理
  • ブローイングチューブには全長に渡ってノズルが装備されており、煙道ガス流路内で回転します
  • ブローイング工程中、ブローイングチューブは回転運動を行います
  • バルブの特別な制御により、特定のセグメントのクリーニングも可能です
  • 必要数の回転が実行されると、ブローイング処理が終了します
  • ブローイングチューブは煙道ガス流路内に留まります
特徴
  • 耐温性素材のブローイングチューブ、高性能ノズルおよびステンレス素材のフィードチューブ
  • 人員保護用の可動部品全体を取り囲んだ、限られたスペース用のコンパクトトラックビーム
  • 噴射圧力を調整するための調節可能なスロットルディスクを備えた内蔵スートブロワバルブ
  • ATEX、CENELEC、IEC、NEC、GOST、CCOE、およびNEPAを含む現場や地域固有の危険区域条件に合わせて調整
  • カンチレバーサポートデザイン ― リアサポート要件の必要性を排除
利益
  • DB製品は、世界中の最も厳しい動作条件でテストされ、実証された世界的な業界標準
  • ブロワは、30〜360°Cのブローイング角度で構成される。ブロワは通常、運転サイクルごとに1〜6回回転を行う
  • ボイラーの可用性の向上とボイラー効率の向上
  • 制御可能な堆積物とボイラー効率の向上
  • 過熱器、エコノマイザ、エアヒーターでの堆積物や詰まりを防止
  • 熱効率を最大化し、ガス出口の温度を低下
  • 検査およびメンテナンスが容易な特別設計
  • 設計パラメータに可能な限り近づけてボイラー内のバランスのとれた熱伝達を維持
  • クライドバーグマンのスートブロワは信頼性が高く、維持容易
  • クライドバーグマン設計は、洗浄効果を最適化し、蒸気、水、空気の消費を最小限に抑える