メインコンテンツに移動

石油化学アプリケーション

 

石油精製所や石油化学プラントの設計者や運営者にとっては、ヒーターのエネルギー効率を最大限に引き出すことが重要です。ヒーター(プロセスヒーターまたは炉とも呼ばれる)、廃熱ボイラーおよび補助ボイラーの熱伝達面は、危険区域の厳しい要件に適合しながら、原油処理量とプロセスの利用可能性を高めるために最小の運転コストで清潔に保たれなければなりません。クライドバーグマンのスートブロワは、この課題を解決するために設計されています。

石油化学市場でのボイラー効率改善の85年以上の経験と40年間のオンロードクリーニング経験により、弊社の膨大な情報と専門知識はこの市場における成功の鍵となっています。 実績のあるオンロードクリーニング技術は、世界中の石油精製所や石油化学プラントに導入されており、原油由来製品の需要が増加するにつれ、原油処理量の最大化と容量増加の必要性が明らかとなっています。

弊社の経験豊富なエンジニアチームは、最初の問い合わせから機器の試運転まで、世界中のお客様に最高レベルのサービスを提供しています。 これに加えて、弊社のアフターセールスチームは、迅速なスペアパーツの配送と製品寿命延長サービスを世界中の設備に提供することを目指しています。

エネルギーコストは、石油化学製品または精製施設を運営する費用の最大65%を占めます。 燃焼したヒーター燃料は、このコストの最大の要素であると考えられます。堆積物を減らすためのスートブロワの正しい使用と配置は使用される燃料の量を節約し、ヒーター効率を最大にすることができます。

石油化学および精製産業では、一般的に危険な地域環境での使用に適したローカル・スートブロワ・コントロールパネルを供給することができます。 コントロールパネルが通常配置されているエリア分類は、NECクラス1ディビジョン2ガスグループC&D  T3またはATEXゾーン2ガスグループIIC T3になります。弊社のすべてのコントロールパネルには、その環境において使用が適していることを確認する関連危険区域認定が提供されています。