メインコンテンツに移動

SMART SCS

ボイラー天井部に設置されたSMART  SCS(シャワー・クリーン・システム)は、ボイラー天井部の下側、炉のメンブレン壁およびプレート加熱面を洗浄するのに適しています。放射は1,000℃ までの高い煙道ガス温度で進みます。洗浄媒体として水を使用する シャワー・クリーン・システムは、21.95mまでの動程範囲を持つ特定の要件に応じて異なるバージョンで利用できます。

クリーニングの原理
  • 耐熱金属製ホースに取り付けられたノズルヘッドから定義された範囲へ水滴が噴散されます                             
  • 細孔に浸透した水分が蒸発し、体積が急激に増加します
  • クリンカが脱落します
  • 洗浄後、ノズルヘッド付きメタルホースが完全にボイラーから引き抜かれます

洗浄を成功させるためには、洗浄頻度、水の衝撃、打撃量、堆積速度、および洗浄速度が各プラントの要件に合わせて特別に設定されていることが重要です。

特徴
  • 単独位置システム SMART SCS-SA:小型で均一な横断面を持つオープンパスに推奨される。
  • 単一列システム SNART SCS-SR:長方形断面のボイラーに推奨される。
  • 複数列システム SNART SCS:複雑な形状のボイラーで異なるクリーニングゾーンを持つボイラーに推奨される。 クレーン滑走路を使用してボイラー天井部全体を移動可能。

SMART SCSには、最適なクリーニング性能を得るための傘ノズルが装備されています。 耐久性の高いスラッギングおよび集中的なクリーニングが必要な場合には、ジェットノズルを使用することができます。

利益
  • 効率的なプラント運転にとって重要なオープンパスの確実な洗浄によるプラントの可用性の向上
  • 安定した煙道ガス温度
  • 高温腐食のリスクを抑止し、腐食度を低下
  • 時間のかかる手作業による一次洗浄がほとんどなくなるため、改訂期間が短くなる
  • SMART SCSの構築により、幅の狭い設計のオープンパスを洗浄することが可能