メインコンテンツに移動

診断

インテリジェントなボイラークリーニングは重要なプロセスパラメータの診断から始まります。 異なるセンサは、過熱器および再加熱器領域における熱流束、炎および煙道ガス温度、表面温度および堆積物の重量を分析するために、これらのパラメータを連続的に監視し、重要なデータをフィードバックします。
SMARTクリーン診断装置を用いて、蒸気発生器の異なる位置での現在のスラッギングおよび堆積状況が判定されます。

SMART Fluxセンサ

SMART Fluxセンサは 炉壁の熱流束を直接測定するように設計されています。

機能の原理
  • 炉に面する側で直接熱流束密度測定
  • チューブウォールの温度は特殊な熱電隊による測定値
  • 測定値は各材料定数と構成データを考慮して熱流束密度を計算するために使用する
  • チューブ表面温度の決定 ― チューブの熱歪みおよび耐用年数の評価
特徴
  • SMART Fluxセンサは、設置ごとに個別に構成、製造、校正されます
  • SMART Fluxセンサは、内部配線により事前にすべて組み立てられて出荷され、すぐに設置できます
  • さらに、冗長測定セクションがセンサに組み込まれています
  • すべての測定値は、さまざまなソフトウェアモジュールがデータを分析、評価、解釈する分析センター、SMART Furnaceに送られます
お客様の利益
  • 熱伝達を測定、炉内のスラグを検出し、適切な洗浄装置であるフィードバックにより制御不能な堆積物の形成を避け、シャットダウン、また損傷を減少させる
  • 熱伝達とプロセス効率の向上
  • 加熱面の腐食が減少
SMART IsoTemp

SMART IsoTempは炉内の炎と煙道ガス温度を連続的で非介入的に測定します。

機能の原理
  • 放射温度計に基づく測定システム
  • 温度計が炉の放射能を測定します
  • 測定された放射線は温度信号に変換されます
  • 5つ以上の温度計を使用すると、炉のセクション全体の温度プロフィールが生成されます
  • 視覚化は、1次元または2次元画像で表示されます
特徴
  • 1次元または2次元測定(最低5個のSMART IsoTemp-温度計)システム
  • 測定結果に基づいて、焼却時の是正措置を随時行うことができ、温度や燃焼を最適な状態に保ち、運転性能を安定させることが可能。
お客様の利益
  • プロセスパラメータの炎または煙道ガス温度の連続的な診断 ― 経時的な変動の識別
  • 燃焼プロセスの最適化のための即時補正。 (例:燃料の空気供給または質量流量の制御など)
  • SNCR制御および火力制御の信頼性の高い基本データ
  • ボイラープロセスの制御とボイラークリーニング結果の検証のための熱診断 ― エミッション、腐食および堆積物抑制のための重要な基礎
  • 最小限のスペースを必要とし、柔軟な機械部品はなし
  • 必要とするのはメンブレン壁の小さな開口のみ
  • シーリングエアー用の低空気消費
SMART InfraScan

SMART InfraScanはエバポレーターウォール用の非接触表面温度測定装置です。

機能の原理
  • 赤外線センサは、ボイラー室のボイラー壁に取り付けられた、空気と水で冷却されたプローブを備えたカメラユニットの一部です
  • プローブとカメラユニットは、直線移動装置によってボイラーに移動します
  • 赤外線カメラが壁面をスキャンして表面温度を測定します
  • ボールベアリングが施された回転装置は、プローブが炉壁をスキャンするために測定位置に到達することを確認します
  • 測定終了時に、直線移動装置は、プローブとカメラユニットをボイラーの外に待機位置に引き戻します
特徴
  • 必要な赤外線センサの数は、炉設計と煙道ガスの赤外線範囲の可視性条件によって異なる
  • 検出器の波長は、既存の炉の状態に合わせて選択される
お客様の利益
  • 炉内のスラッギングホットスポットの検出および需要駆動の炉内洗浄
  • 目標とする洗浄と現在のスラグレベルに合わせて、メンブレン壁への熱過負荷を防止
  • 最適化されたクリーニングシーケンスによるプロセスの影響の軽減
  • クリーニング動作の自動起動と、それに伴う時間内の堆積物除去
  • 最適なクリーニング結果
SMART ゲージセンサ

SMARTゲージセンサは、ひずみゲージ技術に基づいて、熱交換器のバンドル内の灰堆積物の重量を直接測定するように設計されています。

機能の原理
  • SMARTゲージセンサは、ボイラーの外側の吊り下げ管に取り付けられ、熱交換器の表面に堆積する灰堆積物の重量変化をひずみゲージを用いて測定します
  • 堆積物の増加は重量の増加によって表されます
  • これは、重度の堆積物領域を位置付けます
  • センサの数と位置は、ボイラーの形状、加熱面のレイアウト、ボイラークリーニング装置の数および位置によって異なります
特徴
  • 特殊な用途とボイラー設計では、最高600℃の高温センサが利用可能
  • 一定量のSMARTゲージセンサを使用することによって、ボイラーの断面全体をカバーする測定グリッドが作成される
お客様の利益
  • 熱交換器バンドルの堆積状況を検出することにより、需要指向、選択性で自動のオンロードクリーニングを起動できます
  • 制御不能な堆積物防止
  • 対流部分の熱吸収の改善
  • 異なる燃料品質と組成の使用における柔軟性の向上
  • クリーニングメディアの使用量の削減
  • 目標とする対流部分のクリーニングの減少によりプロセスの影響を軽減