メインコンテンツに移動

決定

クリーニングマネージャ

クリーニングマネージャはSMART クリーンの管理センターであり、ボイラーの効率と可用性を維持する責任を担っています。

保存された項目が包括的であればあるほど、クリーニングマネージャは自動システムとして機能します。 最適なクリーニング方法、すなわちどの洗浄装置が作動し、いつ、どの洗浄パラメータを用いるかクリーニングマネージャによって決定されます。 そうすることで、プロセスと手順要件が考慮されます。

機能の原理
  • SMART FurnaceおよびSMART コンベクション分析センターで推奨されたすべての洗浄動作は、妥当性が確認され、その影響に関して評価されます
  • 最終決定のために、クリーニングマネージャは、PHRモジュールによって提供される現在のプロセスデータを考慮します
  • クリーニングマネージャは、洗浄する場所、方法、時期を決めます
  • 計画された修正などの保存された操作項目にもアクセスし、選択されたクリーニング方法が今度はシステム要件にも適合させます
特徴
  • クリーニングマネージャは、制御システムを介して必要な洗浄装置の起動を開始
  • クリーニングマネージャは、決定されたすべてのデータを管理および視覚化するため、クライアント・サーバー・アーキテクチャのPCサポートシステムとしてのユーザーインターフェイスも提供
お客様の利益
  • 対流部の需要に応じた、選択的な自動のオンロードの炉洗浄
  • 制御不能な堆積物の防止
機能の原理

PHR ― プラント・ヒート・レート

プラント・ヒート・レートは、プラント関連の問題のアドバイザーです。

  • PHRモジュールは、ボイラーに関連するすべてのコンポーネント、すなわちポンプ、ブロワ、タービンなどの知識を統合します。
  • これは、ボイラーの運転、工場の組み合わせなどの側面をカバーし、IDファンの性能曲線などのコンポーネント特性を含みます
特徴
  • 「What-If-Calculations」によって、変更されたパラメータの影響を事前にテストすることができます
  • クリーニングマネージャとの情報交換により、定義されたクリーニング方法がボイラーの効率と可用性の維持されます
お客様の利益
  • 運用中のプロセスに関する情報の増加
  • コスト削減の可能性の認識と活用
  • プラントの効率と可用性を最大限に保ちながら、最適な負荷ボイラー洗浄に理想的にマッチしたソフトウェアとハードウェア
  • 柔軟で自動に作動するクリーニング方法
  • 各プロセスコンポーネントのコストパフォーマンスの監視
  • 期限内の干渉の認識と計画されたシャットダウンの準備の改善