メインコンテンツに移動

SMART クリーンパワー

SMARTクリーンは、ボイラーのスラグや堆積物の状態に影響を与える要因の変化にかかわらず、プラントの性能と操作目標を実現する次世代のボイラークリーニング最適化システムです。 システムは、リアルタイム・インテリジェント・フィードバックを使用してプラントの目標を達成します。

従来のスートブロワ制御システムは、一定のサイクルタイムベースで洗浄装置を動作させるためだけに設計されていますが、SMART クリーンシステムは、ボイラー内のリアルタイムの熱伝達にスマートに応答するように設計されています。 これにより、チューブの腐食を引き起こす原因である既に清潔な領域での洗浄が開始されることがなくなります。つまり、システムはクリーニング時期、場所、クリーニングを管理することによって汚染された領域を対象としています。 このシステムを使用すると、プラントのコストを削減し、低コストの石炭を燃焼することができ、ボイラーの効率を向上させ、蒸気消費も低減し、クリンカの落下やチューブの漏れによる停電も避けることができます。

熱エネルギープロセス中のボイラー効率の低下および計画外の停止の最も頻繁な原因は、加熱および反応表面上の堆積物です。 多数の影響要因とその独立性のため、一度定義され常にクリーニング方法が適用されると、全体的なクリーニングは不可能です。
 このまったく新しい原理は、需要主導のボイラー洗浄の利点から進化しました。 これを「SMARTクリーン」と呼び、プロセス全体の要件を考慮してボイラーの効率を最適化するボイラー運転中のクリーニングに基づいています。

機能の原理
  • SMART クリーンは、需要主導のスマートな方法で、ボイラー運転中のクリーニングに必要なすべてのプロセス知識を取り入れています
  • 診断と分析を組み合わせた用途は最有効
  • 診断は、重要なプロセスパラメータを連続的かつ直接測定するさまざまなセンサシステムが行います
  • このデータは解析センターに送られ、さまざまなソフトウェアモジュールがデータを評価し解釈します
  • 分析が完了すると、分析結果は必要なクリーニング動作に変換されます
  • センサ技術とソフトウェアの組み合わせは、洗浄を成功させる一定のフィードバックを提供します
決定

最優先の目標は、ボイラーの効率と可用性を維持することです。 ここでは、現在のプロセスデータと格納されている操作イベントを使用して、推奨されるすべてのクリーニングアクションが評価されます。 最適なクリーニング方法が選択され、実行されます。

分析

インテリジェントユニットとしてのソフトウェアモジュールは、リアルタイムでデータを継続的に解析し解釈します。モジュールはどこで、いつ、どのように洗浄するかという推奨内容を提供します。 これらの推奨事項は、決定レベルまで進みます。

診断

異なるセンサは、分析のために重要なデータをフィードバックする重要なプロセスパラメータを連続的に監視します。

センサシステム

SMART Flux センサ:SMART Fluxセンサは炉内の熱流束を連続的に測定します。

SMART IsoTemp:SMART IsoTempは、パイロメーターを使用して炉内の炎およびガス温度を連続的で非介入的に測定します。

SMART InfraScan:SMART InfraScanは、赤外線センサを使用して炉内のボイラー壁の表面温度を測定します。

SMARTゲージセンサ:SMARTゲージセンサは、時間の経過と共に熱交換器バンドルの重量変化によって過熱器および再熱器領域の堆積物の発生を測定します。

ソフトウェアシステム

SMART Furnace:SMART Furnaceの動作は、炉内の堆積状況と適切な需要駆動型クリーニング動作の定義を継続的に監視し評価することです。

SMART コンベクション:SMARTコンベクションは、ボイラーの清掃を最適化するために、対流区域の堆積状況に焦点を当てています。

CLEANING MANAGER:CLEANING MANAGERはSMARTクリーンの制御センターであり、SMART FurnaceとSMARTコンベクションからの推奨を解釈し、ボイラー効率を最大にする最適なクリーニング方法を決定します。

特徴
  • 診断と分析を組み合わせたアプリケーション
  • SMART クリーンは、ボイラー洗浄装置の制御に柔軟性を持たせます
  • 堆積状況が選択的に分析されるので、各クリーニング動作について、単一のスートブロワレベル、単一のスートブロワ、さらにすべての単一のスートブロワの動程ごとのクリーニングパラメータを決定することが可能です
  • SMART クリーンのモジュール性により、各プラントのニーズを満たすために、システム境界内でモジュールを選択して組み合わせることができます
お客様の利益
  • クリーニング媒体の使用量の削減
  • 加熱面の腐食を減少
  • 熱伝達とプロセス効率の向上
  • 炉出口のガス温度の低下
  • フルロード運転時の安定した煙道ガス温度
  • 燃料混合物の燃焼中の柔軟性の向上
  • 制御不能な堆積物形成の回避、シャットダウンと損傷の減少