メインコンテンツに移動

パルプ&ペーパー用SMART Clean™

クライドバーグマンのSMART Clean™システムは、スートブロワの操作をスマートに管理し、熱交換器の熱伝達を向上させる優れた方法です。従来のスートブロワシステムは、洗浄項目を開始するために固定サイクルに基づいているもしくはオペレーターの裁量に基づいています。 ボイラーの内部で堆積物が発生している場所が不明な場合、チューブの洗浄の危険性が高くなります。 このような掃除方法では、クリンカによるプラグゲージまたは強制シャットダウンによって熱伝達が低下し、ボイラーの熱効率とプラントの熱効率に悪影響を及ぼします。

SMART Clean™は、リアルタイムでボイラーデータを使用して、必要に応じて、適切な強度でクリーニング項目を開始するスマートな閉ループ制御システムに、スートブロワシステムを変換します。 スマート・コントロール・プラットフォームと熱力学モデリング(TDM)フィードバックで構成されたSMART Clean™システムは、残留物や詰まりの問題に最適なシステムです。

ボイラーの情報は、プロセスデータから収集され、ボイラーの対流パス内の熱交換器の清浄度を計算することにより、ソフトウェアがスートブロワの操作を管理するアルゴリズムを分析します。 次に、システムは、いつ、どこで、どの程度洗浄を行うか決定します。 これにより、チューブが適切に洗浄され、洗浄の過少または過多、プラグやクリンカの排除、熱伝達の増加がもたらされます。

クリーニングの後、ソフトウェアは堆積物蓄積率と予測される熱伝達劣化率に基づく計算を使用して、灰除去に対するクリーニングの影響を記録します。 次にそのシステムは、各ゾーンの汚損レベルに基づいて各スートブロワの優先順位を決定し、次の洗浄サイクルで最も高い優先順位のスートブロワを最初に選択します。そして、深刻な汚損部分が問題になる前に洗浄され、最も効果的なスートブロワで確実に洗浄されます。

SMART Clean™プロセス要約

クライドバーグマンのSMART Clean™プロセスは以下の手順に基づいた、反復的かつ自己指導的なプロセスです。

ステップ1:すべての情報収集

ボイラーのプロセスと性能のデータは、ボイラー運転からの間接的なソース(蒸気温度、煙道ガス温度など)と設置されたセンサからの直接的なソースの2種類のソースから集められています。

ステップ2:情報の解釈

収集データの量と品質は変化することがあります。 さらに、堆積プロセスのコア理解と、時間ディメンションを含む監視対象の変数への影響を必要とします。クライドバーグマンは、プロセスおよびセンサから大量のデータを切り取ってクリーニングソリューションを提供するアルゴリズムを開発しました。これにより、科学的証拠に基づいて次のステップを進めることができます。

ステップ3:自動作動

ステップ2からの分析プロセスが完了すると、システムは対流パス内の必要な洗浄装置(引き抜き式)を作動させます。 特定の洗浄装置の作動は所定の洗浄強度で行われます。 噴射圧力、噴射速度、ゾーン制御によるゾーンなどのパラメータは、局所の洗浄要件に従って正確に指示されます。 目標は、実際の堆積物の位置と強さに関連した最適なクリーニング強度、頻度、位置です。

ステップ4:応答の測定と判断

特定の洗浄装置を起動し操作した後、システムは成功と認識されたクリーニングを判断します。 この判断は、クリーニングの結果データに基づいて行われます。 例えば、炉洗浄の場合、局所的な熱流束の改善は、現在のボイラー負荷の許容できるクリーンレベルの熱流束と比較されます。 熱衝撃もチューブの許容レベルと比較されます。

SMART Clean™システムは、プロセス変数として既存の煙道ガス喫水差圧(DP)を使用し、煙道ガスDP上の各スートブロワの有効性を計算します。

可変圧力/流量制御モジュール

管理者がポペット弁ではなく制御システムから洗浄圧力を調整できるようにするため、可変流量または圧力モジュールをオプションとして追加することができます。 これを使用して、クリーニング圧力を変化させて、同じランスの経路内で各チューブバンクを別々に洗浄する適切な強度を提供することができます。 洗浄媒体の流れを低減することにより、シングルパス洗浄と組み合わせて使用すると、洗浄媒体を節約することもできます。 (注:圧力制御バルブは、制御システムの入力から調整可能でなければならない)