メインコンテンツに移動

プロセスの最適化

ボイラーのプロセスの最適化は非常に複雑です。多くの場合、1つの運転条件(燃料ブレンド、燃焼率、ミルの組み合わせなど)に対して適切に調整されたボイラーからは、異なる運転パラメータのセットの繰り返し結果を得られません。クライドバーグマンは、ボイラープロセスの最適化を全体として検討し、プラントの特定の運用目標に最も効果的なソリューションを提供します。

熱交換プロセスが炉内で開始される際には、燃焼システムの適切な評価が不可欠です。 燃焼プロセスは複雑であり、多くの影響要因に左右されます。 重要なプロセスパラメータのわずかな変更でさえ、プラントの効率と可用性に大きな影響を与える可能性があります。

クライドバーグマンは、完全な燃焼プロセスを詳細にシミュレートするための技術を適用し、パラメータが変化することによる効率、排出物、腐食および堆積物の形成が実際に発生する前にその影響を予測しました。

これらのプロセスの洞察は、ボイラーの浄化、灰処理、大気汚染防止のためのシステムで構成されたクライドバーグマン Power Groupの全製品の範囲適用もサポートします。 これらのシステムの設計、配置および運転は、直接または間接的に燃焼プロセスの影響を受けます。

クライドバーグマンPower Groupは、すでに研究開発活動において工学関連の相互関係を検討しています。 その理由は、より多くのシステムがプロセスのニーズに対応していくにつれて、プラントの効率と排出量削減の可能性に対して実用的で役立つことを発見したからです。

燃焼システムが適切に設計され、調整されている場合、次のプロセスの側面はボイラーの洗浄度と清掃システムの評価です。 このような分析では、ボイラーの運転データを包括的に把握し、改良された洗浄および最適化されたシステムによって利用可能なピーク効率を特定します。したがって、クライドバーグマンは、ボイラー全体の現在の堆積状況を特定して分析するために、さまざまなセンサおよびソフトウェアソリューションを使用しています。 例えば、オンライン熱力学的モデリングを使用して、熱伝達性能を分析し、ボイラーの各セクションの改善時機を定量化することができます。

ボイラー燃焼モデリング、リモート・パフォーマンス・モニタリング*、ボイラー評価、オンラインまたはオフライン熱力学モデリングは、CBPGがボイラープロセスの初期確認を行い、潜在的な利益を取り戻すための技術的解決策を特定するために提供可能なサービスの一部です。
*リモート・パフォーマンス・モニタリング・サービスは、CBPGアメリカのボイラー効率部門によって提供されています。