メインコンテンツに移動

DRYCON™

DRYCONTM (鋼板コンベヤ)は、周囲の空気によってボトムアッシュを自動的に搬送し、冷却するために使用されます。プレートコンベアは、極端な温度や激しく変動するボトムアッシュのような厳しい条件下での運転を想定して設計されています。 下部の衝撃ビームと特殊な減衰機構により、DRYCONTMは30メートルの高さから突如着陸する大量のスラグに永続変形させずに対処できます。 DRYCON™は、スペースが重視される既存の施設に改装することができます。

操作方法

スチールプレートコンベアは、2つのラウンド・リンク・チェーンと周波数が制御された駆動ステーションによって提供されるダイレクトドライブを備えています。コンベヤの上端とコンベアの長さに沿ってDRYCON™に空気が誘導されます。 空気は灰の表面に沿って逆流方向に移動し、灰の表面を冷却します。 さらに、熱性の灰の再燃焼プロセスが活性化され、未燃焼炭素レベルが減少し、追加の熱が解放され、ボイラー内の蒸気生成プロセスにさらなる熱エネルギーが加えられます。システムは、材料をサイロに 最大45°まで移動可能であり、第2のコンベヤが使用できます。

ジョークラッシャー機能付き隔離ゲート

複数のプロセス用途では、非常に大きなクリンカの塊が生成され、これらが前方輸送システムを塞ぐ危険性があります。 システムを保護するために、クライドバーグマンはジョークラッシャー機能を備えた絶縁ゲートを設計しました。これはトランジションホッパーの下部に適合しています。
250×250mmの間隔を有するメッシュグリッドは、大きなクリンカの塊が位置する遷移ホッパー出口の底部に取り付けられます。 これらは油圧式のジョークラッシャーで粉砕され、メッシュグリッドを通って落下します。
DRYCONに入る前に灰の粒子サイズを減少させることによって、冷却効果および後の燃焼が改善されます。 さらに、粉砕機などの下流装置は、所定の粒子サイズに面しています。
ジョークラッシャー機能を備えた隔離ゲートを使用して、DRYCONを移行ホッパーから隔離することもできます。 この場合、ボイラーが運転中にボトムアッシュを移送ホッパーに最大8時間保管することができます。

ロールクラッシャー&ハンマーミル

ドライボトムアッシュの値を最大にするためには、ボイラーへの再循環、後続のサイロまたはローリーへの搬送や排出への再循環のために、適切な粒度に粉砕または粉状にする必要があります。 ロールクラッシャーおよびハンマーミルは、適切な粒度を保証する最も一般的な手段です。
ロールクラッシャーは、通常、粒子サイズを2mm未満に減少させません。収集する最大粒径によっては、2つのロールクラッシャーを必要な減速比のために直列に使用することがあります。 より小さな粒子サイズが必要な場合には、ハンマーミルが使用されます。 また、プロセスに応じて、一連のハンマーミルまたはロールクラッシャーおよびハンマーミルを設置して、必要な減速比を達成することができます。

利益
  • 水の必要性なし:環境を保護し、排水処理コストを回避する
  • 灰の再燃焼からの熱入力は、ボイラーの効率を高め、石炭使用量とCO排出量を削減する
  • 販売可能な副産物:灰中の低炭素は灰分の品質と価値を高める
  • ライフサイクルコストの削減
  • 負荷を維持してボイラーの可用性を向上させる能力
  • ボイラーの高さを最小限に抑えるためのヘッドルーム要件の低減
オプション
  • 広範囲の先送りオプション
  • 個々のプロセス要件に合わせた幅と長さのオプション
  • 異なる最大粒径要件に対する複数の粉砕オプション
  • 油圧および機械駆動システム
  • 高価なフライアッシュに変換するために、ドライアッシュをボイラーに再導入する灰再循環システム
  • 追加の粉砕とホッパーまたはボイラー分離を提供するホッパー・アウトレット・ジョー・クラッシャー
産業アプリケーション
  • 電源ユーティリティ
  • 産業用電源
  • バイオマス
  • 廃棄物からエネルギーへ