メインコンテンツに移動

ボイラーの効率

固体燃料および液体燃料の燃焼による灰堆積物は、発電所、焼却炉、石油化学プラント、またはパルプおよび製紙工場の運転中に重大な問題を引き起こします。
加熱および反応表面上の堆積物はボイラーの効率を低下させ、操作上の重大な問題を引き起こす可能性があります。 ボイラー運転中のクリーニングを設置しなければ、頻繁な停止が避けられず、複雑かつ高価な手動のクリーニングが必要になります。堆積物によって運転停止中に失われた収入が非常に大きなコストとなります。

この問題を解決することは、ボイラーと電力業界の長年にわたるパートナーとして、クライド バーグマン・パワー・グループの主な目標でした。クライド バーグマンは、プラントが稼動している間、固体燃料および液体燃料の残留物を安全かつ効果的に除去することができる洗浄システムを提供しています。

所有者またはオペレーター用クライド バーグマンのクリーニングシステムにおける設置上の利点:
  • 停止時間の短縮
  • 運用期間の延長
  • 熱出力の増加
  • プラント設計パラメータに応じたバランスの良い熱伝達
  • ボイラー効率の向上
  • SMARTクリーンおよびFACOS™システムによるクリーニングシステムの経済的に最適化された操作
  • アフターサービス後の信頼性

クライド バーグマンの製品は、最も厳しいサービス条件の下でもお客様が満足して動作することが、世界中のリファレンス・プラントで実証されています。